眠れない時の対処法|安眠の近道はリラックス

疲れてもいないのに無理に眠ることは大人でも苦痛です。

天井をぼーっと眺めたり、寝返りを打ったり、寝つきが悪いと少々苦痛になりますね。

実は子どもも疲れていないときは同じ気分を味わっています。

 

こっそり起き出して部屋をうろうろしていると、「早く寝なさい」と叱られるわけです。

そんなときは、子どもをリラックスさせることが大切です。

 

リラックスさせて安眠に導く方法はいろいろありますが、一番多いのは、やはり寝る前の読み聞かせでしょう。

お話を聞いている間に子どもはゆったりと静かに横になり、物語に集中します。

ゆったりとしているうちに眠気を催します。

もちろん、本好きになるきっかけにもなります。

子どもがあまり疲れていない場合、何冊読んでも眠ってくれないことがあります。

これでは親のほうが眠くなってしまいます。

そんなときは読み聞かせの冊数か時間を決めておき、それ以降は照明を消してオーディオブック(お話を吹き込んだCDやカセット)を利用しましょう。

オーディオブックはさまざまな商品が市販されています。

図書館での貸し出しもあるようです。

就寝前に選ぶ本は、心和むストーリーを選びましょう。

怖い話、ドキドキする話、気持ちが高ぶる話は避けます。

部屋を暗くして、お母さんが知っているお話を口頭で聞かせてあげるのも、いいアイデアです。

子ども自身を主人公にするのも、楽しい試みです。

子どもが眠る前のひと時、お母さん(お父さん)のにおいの中で、優しい声を聞きながら物語の世界を自由に冒険した思い出は、大人になっても愛すべき記憶として残り続けることでしょう。

ぜひ色んな工夫をして、素晴らしいお子さんとの時間を過ごしてみてくださいね。