子どもの睡眠の現状把握|記録をつけて問題点を探る

記録をつけるのは、2週間に1回で十分です。

さて、記録からどんなことがわかるのでしょうか。

まずは次の各項目を確認しましょう。

 

①睡眠時間について。

年齢別の睡眠時間の目安については睡眠が招く恐い悪循環の表1を参照してください。

現在の年齢に必要な夜の睡眠時間:(          )時間(          )分

実際の夜の睡眠時間:(          )時間(          )分

必要な昼寝時間:(          )時間(          )分

実際の昼寝時間:(          )時間(          )分

1日に必要な睡眠時間(夜の睡眠+昼寝):(          )時間(          )分

実際の睡眠時間:(          )時間(          )分

②現在の睡眠状況

昼寝時間が目安より(          )時間少ない・多い

夜の睡眠が目安より(          )時間少ない・多い

③睡眠遮断の兆候は見られますか(睡眠遮断による過労のサインの特徴を参照)。

当てはまる項目の数:(          )

④就寝前に静かに過ごす時間がありますか。

⑤就寝前は基本的に穏やかで静かな雰囲気の中、部屋の照明をやや暗めにしていますか。

⑤毎晩、同じ時刻(誤差30分以内)に就寝していますか。

⑦就寝までの行動は一定の順序になっていますか(就寝までの行動や消灯時刻が決まっていますか)。

⑧就寝前の食事(夕食または軽食)は適量ですか。

⑨就寝前の時間はリラックスできて、眠気を催す内容ですか。

⑩良く眠れる環境ですか。

⑪夜中に目を覚ましたとき、再び眠れるように手助けをしますか。

⑫夜中に目を覚ましたとき、どのように眠らせますか(授乳、軽く揺り動かすなど)。

⑬朝の起床時刻はほぼ一定(誤差30分以内)ですか。

 

以上の点を意識しておけば、こどもの睡眠の現状を把握できます。

現状がわかったら、さっそく実践に移りましょう。