記録をつけると見えてくる睡眠の問題

こどもの睡眠改革に乗り出そうと決めたら、まず記録をつけてみましょう。

難しく考えることはありません。

適当な1日を選び、こどもの起床から昼寝、夜の睡眠までの様子を記録します。

毎日記録をつける必要はありません。

2週間~4週間に1回でいいのです。

記録を残しておけば、きっと睡眠改革の成果を確認できるはずです。

記録するのは、昼寝の様子、夜の睡眠前の支度の様子、夜中に目を覚ました回数や時刻です。

 

昼寝の記録から見えるもの

・・・寝ついた時刻、寝ついた場所、寝つく直前の様子、実際に昼寝をした場所、昼寝の長さ(時間)をメモします。

日付
      /    /   
 

昼寝の記録

なまえ               月齢・年齢
                              

  

たとえば、最初にソファで眠り込んでしまい、その後、ベッドに運んだ場合、寝ついた場所はソファ、昼寝場所はベッドとメモします。

 

就寝前の記録から見えるもの

・・・就寝前2時間の活動内容(食事、入浴、読み聞かせなどと活動量、騒音、明るさをメモします。

日付
      /    /   
  

就寝前の様子

なまえ               月齢・年齢
                             

 

夜の目覚めの記録から見えるもの

・・・深夜に目を覚ました回数、そのときのママやパパの対応、起きていた時間、その時点までの連続睡眠時間などをメモします。

日付
      /    /   
 

夜の目覚めの記録

なまえ               月齢・年齢
                              

就寝時刻:(    )時(    )分

起床時刻:(    )時(    )分

睡眠時間中に目を覚ましていた合計時間:(    )時間

最長の連続睡眠時間:(    )時間

睡眠時間の合計:(    )時間